ジリジリと距離を詰める病魔|更年期障害は改善できる!

ナースと医師

患者の体力次第

看護師

癌治療は苦しい

癌の治療は外科手術による物理的切除や抗がん剤による薬物利用、そして放射線など最新の技術を使用しての放射線治療があります。癌の進行状況や患者の体力、癌の発生場所などによって治療方法は使い分けられています。しかしどの治療方法にも共通して言えることは患者の体に大きな負担を及ぼすことです。癌に起こされると体力が徐々に消耗していきます。そのため外科手術ができるのは手術に耐えうる体力を保持している場合に限られます。薬物治療は、毒薬に近い成分です。そのため副作用が強く、患者の寿命を縮めてしまう可能性も高くなっているのです。さらに放射線治療は一番副作用が少ないのですが、それでも癌の位置によっては効果が出にくいのです。

副作用のない治療法

これらの治療方法のデメリットを改善したものが免疫治療です。免疫治療は人間が本来持つ免疫力を利用した利用法です。健康な人の場合でも癌細胞は毎日のように生まれています。しかし全員が癌に侵されないのは免疫力があるからです。不正に生まれた癌細胞を死滅させる働きを人間は持ち合わせているのです。しかし何かしらの異常により癌細胞を死滅させることができなくなった場合、癌細胞が成長します。そのため癌に侵されるようになってしまうのです。一度侵された状態であっても免疫治療は効果があります。時間はかかりますが、徐々に癌細胞を死滅させる働きを持っているのです。外で培養した免疫細胞を体内に戻し免疫治療を行う方法が副作用のない新しい治療法として注目されています。