ジリジリと距離を詰める病魔|更年期障害は改善できる!

医師と患者

見えないがん細胞を破壊

眠る女性

樹状細胞療法とは、樹状細胞を培養で増やすことで、がん細胞を攻撃するキラーT細胞の働きを高める治療です。これにより、手術では除去できないようながん細胞を減らすことができます。攻撃することでキラーT細胞は減っていくので、樹状細胞療法はそれが新しく作られるペースにあわせ、3ヶ月ほど続けることが必要です。

詳細

更年期と向き合う

婦人

早い人で40歳を過ぎると感じ始める寝つきの悪さやイライラ、憂鬱な気持ちや手足の震え等は更年期障害の可能性があります。更年期になるとホットフラッシュと呼ばれる身体的な症状が出始めますが、他にも集中力の低下や気分の落ち込み等の精神的なものもあります。発症年齢や症状の出方には個人差があるため、同年代であっても辛さを共有できるものではなく、一人一人に合った更年期障害対策が必要になります。そこで取り組むと良いのが生活の見直しであり、40歳を過ぎたあたりから生活習慣を見返して改善を促すと良いです。子宮や卵巣の低下を遅らせると更年期障害の症状を和らげることができるため、腰回りや手足を冷やさない服装を心掛けます。

更年期障害には様々な症状が出ますが、数が多ければ多いほど個人での解決は難しく、医療機関を受診する必要があります。顔が火照るや汗を掻きやすい、イライラや憂鬱、手足の冷えや耳鳴り、息切れや動悸、肩こりや腰痛、疲れやすくだるいのが特徴です。3個以内であればストレスを溜めない生活を心掛けるだけで良いですが、6個以内となると食事と運動を管理する必要があります。8個以内となると治療が必要なため医療機関を受診し、9個以上となると長期の闘病生活となるため、計画的な治療が必要になります。更年期障害の相談は女性外来や内科などの医療機関で受診するとより専門的な治療を受ける事ができるため、専門病院を選択すると良いです。受診内容に迷ったら内科の窓口で相談すると良く、スタッフが親切丁寧に適切な診療科目を教えてくれます。まずは、病院に足を運び、自分の症状に向き合うように努力する事です。ジリジリと距離を詰める病魔ですので、早めの対策が肝となるでしょう。

沈黙の臓器

注射

沈黙のがんとも言われるすい臓がんは、初期に治療を行なえば、完治を目指す事ができます。なので、初期の段階で発症に気づく事が重要です。もし、上腹に違和感がある場合には放置をせずに医療機関を受診しましょう。医療機関では、内視鏡やCTによる検査を受ける事ができます。また、近年の画像機器の発達により早期発見が可能です。

詳細

患者の体力次第

看護師

癌の治療方法には外科手術や抗がん剤治療、放射線治療などがありますが、どれも患者の体力を消耗させ負担を抱える治療法となっています。新しい治療法として着目されている免疫治療は副作用のない人間本来の力を利用する治療方法なのです。

詳細